好きを仕事にする

世の中には、「好きなことは仕事にしない方がいい」という意見の人もいるようですが、それは人によることなので、一概に「しない方がいい」と言いきることはできないでしょう。まして、仕事にできるチャンスが目の前にあるとしたら、実際にそうなのかを試すためにも、まずは応募してみるのがいいのではないでしょうか。なぜこんな話をするのかといえば、スマートフォンやタブレットの普及に伴って、スマホゲーム業界ではイラストレーターやデザイナーの手が足りなくなっていて常に募集をしている状態だからです。趣味でイラストを描いている人は多く、その中には仕事にしたいと考えている人もいるでしょうが、世間では「好きなことは仕事にしない方がいい」と言われていることから、その業界へと飛び込むことをためらっている人もまた多いのではないでしょうか。

ですが、上にも書いたように、それは人によるのです。むしろ、好きなことを仕事にして上手くいかなかった人が悔しさや後悔からそうした言葉を残しているだけで、中には上手くいっている人もいるのですから、やはり一概に「しない方がいい」と断定することはできないのです。好きな分野で上手くいかないことほど悔しいものはありませんし、自分と同じ思いをして欲しくないという気持ちも働いて、そうした人は「しない方がいい」と言うのかもしれませんが、試さずして諦めることもまた、後悔が残るのではないでしょうか。

ですから、「需要」を目にしたら、飛び込んでみることをお勧めしますし、腕試しをするにはいい時期なのだということを覚えておいてください。ですが、「イラストレーター募集」という広告を目にしてすぐに応募するのではなく、まずは募集要項をしっかり確かめることがお勧めですし、サポート体制の整った企業の募集に応募することをお勧めします。好きを仕事にすることは困難も多いでしょうが、きっとそれ以上に楽しいこともあるはずですですから、まずは一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。