チャンスを逃さないこと

「将来はイラストレーターとして活躍したい」と考えているのであれば、いますぐに仕事を始めるべきでしょう。「活躍」は仕事を始めてすぐにできるものではありませんし、実績がなければ活躍の場はなかなか巡ってきません。ですから、あなたが既に満十八歳を迎えているのであれば、そして既に趣味でイラストをいくつも描いているのであれば、いますぐ制作代行企業などの募集に応募することをお勧めします。そうすることは、あなたの経験値を上げてくれますし、仕事のノウハウを学ぶ機会を与えてもくれるでしょう。

なぜ「いますぐ」なのかと言えば、スマートフォンやタブレットの普及に伴ってスマホゲームの人気が高まっているからです。特に、カードRPGというジャンルの人気は鰻のぼりで、制作代行会社は、常にユーザーの気を惹くキャラクターを描けるイラストレーターを求めている状態にあるからです。自分の腕がプロとして通用するのかを試す絶好の機会であり、プロがどんな風に経験を積んでいったのかを知ることができる絶好の機会でもあることから、「将来活躍したい」と考えているのであれば、「いま」応募して仕事を始めるべきなのです。もちろん、仕事にするからにはさまざまな困難もあるでしょう。ですが、イラストレーター募集広告を目にしたときに要項をしっかりと確認し、サポート体制の整った企業を選べば、そうした困難を乗り越えることも仕事に対する不安を軽減することもできるので、チャンスを逃したくない、絶対にイラストレーターになりたいと考えているのであれば、応募することをお勧めします。

「チャンスには前髪しかない」という言葉があるように、つかみ損なうと二度とつかまらないこともあるので、「将来はイラストレーターとして活躍したい」と考えており、そして、募集要項のひとつである十八歳という要件をすでに満たしているのであれば、いますぐ、そのための行動を開始するべきですし、プロとして描き始めることをお勧めします。積んだ経験は、将来、きっとあなたの役に立ってくれるはずです。